前田静良随筆集

前田静良随筆集
ひぐらしの記 シリーズ 
 本著は著者が当社掲示板に投稿している随筆を当社ホームページの「ひぐらしの記」に転載後、まとめたものである。著者は定年退職後の日々の生活の中で、故郷時代を振り返り、その生活の中で出会った人々との思い出、とりわけ父母、姉兄たちとの深い絆、サラリーマン時代の苦悩、退職後の妻との日常の暮らし、初孫の成長など、著者の人柄が滲み出た作品群である。

第3集『物思う季節』

2008.10.1発行
第3集『物思う季節』
前田静良著

A5判 162頁 上製本
定価 2,000円
ISBN978-4-901735-43-8

収録作品
老年の主張/彼岸花/お墓参り/人の営み(秋の彼岸のころ)/写真を眺めて/ケータイ小説/不祥事/月替わり/十月一日/十月一日の日記/甘柿と渋柿/サツマイモ(カライモ)/腰痛/歩行訓練/海へ/最近の私/運動会/宮参り/体育の日/赤とんぼ/秋探し/女子学生との戯れ/人生の欠片/フェスティバル/「フェスティバルに」想う/極楽寺/愛/山栗/スポーツの秋/美しい国へ/時の歩み/無芸人の春/周辺の秋/女子の本懐/想定外の言葉

第2集『夏来る』

2008.10.1発行
第2集『夏来る』
前田静良著

A5判 164頁 上製本
定価 2,000円
ISBN978-4-901735-42-1

収録作品
月替わり/人の日暮らし/牛馬/あいさつの言葉/あおばちゃん/夏本番/人の意志力/ソーメン(素麺)/肩の力を抜く/床屋/秋のおとずれ/子育て/二人の貴婦人/終戦記念日/日記/わが家の夏景色/暑熱の街/カラスウリ/バカンスの街/車内の光景/間一髪/夏の終りに/食べもの/わかれ道/私のいじめ/八月最終日曜日/怠け者/隗より始めよ/パソコン事情/創作の秋/祝 敬老の日/巨人阪神戦/夜霧/限りなくグレー……/衣更え/母の訓え/敵前逃亡/お年寄り考/庭の手入れ/国と私の日暮らし/良心/こそばゆい一日/父のまねごと/腹立たしいものは

第1集『梅雨の候』

2008.9.3発行
第1集『梅雨の候』
前田静良著

A5判 172頁 上製本
定価 2,000円
ISBN978-4-901735-40-7

収録作品
梅雨の合間に/ふるさとの花道/白い花の咲く頃/梅雨入りに思う/ホタル/とりもつ縁/母と父の日/きょうの主夫業/私の日課/うれしいお言葉/真夏の風物詩/夏至/ミミズ/ふたりの夜/運動会の弁当/最近の私/郷愁/ピンポンクラブ/あいさつのひと言/さわやかな光景/「おぎゃ」/ふるさとの味/僥倖/ふるさと電話/メジロ捕り/メガネ屋/生活感情/一枚の写真/呱呱/台風四号/続台風四号/天災と天恵/新潟県中越沖地震/青春時代/ふるさと原風景/老鶯(ウグイス)/終業式/「モヤシ」の手/駅/夏と冬/寿司/街の灯り/健康体/学童たち/ウナギ/停電の夜/月間MVP
1 8 9