前田静良随筆集

前田静良随筆集
ひぐらしの記 シリーズ 
 本著は著者が当社掲示板に投稿している随筆を当社ホームページの「ひぐらしの記」に転載後、まとめたものである。著者は定年退職後の日々の生活の中で、故郷時代を振り返り、その生活の中で出会った人々との思い出、とりわけ父母、姉兄たちとの深い絆、サラリーマン時代の苦悩、退職後の妻との日常の暮らし、初孫の成長など、著者の人柄が滲み出た作品群である。

第63集 晩秋の思い

2017.1.1発行
第63集 晩秋の思い
前田静良著

A5判 220頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-42-6

収録作品
秋彼岸の中日「秋分の日」/現代のわが老婆心/柿の葉しぐれ/サンマの季節、到来/嗚呼! 籠の鳥//嗚呼! 無情、わが願いごとは空振り/秋の「ふるさと便」/秋の夜長によみがえる悔恨/待ち遠しいよ! 「森の熊さん」/世の無常/冷えゆく秋空秋の夜長の妄想/ムカゴ御飯/ままならない「灯火親しむ秋」/とろろ汁御飯/朝の挨拶/メダリストの「凱旋パレード」/阿蘇山噴火/「体育の日」の追憶/寒冷の秋の意趣返し/秋の夜長に浮かぶ悔い事/「百聞は一見に如かず」/秋の夜長の切ない心情 /冬支度/わが精神の落胆および破綻/傷心が癒されたご厚意/しばし「もったいない」は禁句/愚か者のひとり言/運動会に見た人間賛歌/わが「ぐうたら物語」/晩秋の思い/さずかったご好意/「文化の日」/晩秋の空に輝いた陽射し/廃れゆく話しことば/秋、掉尾を飾るコスモス/「立冬」/「木枯らし一号」/黒たまご物語/ふらふらの助走文/パソコン故障から眺めた人間模様/小春日和/恥さらしの迷い文/時のめぐりの無常/おにぎりの具/好物を襲った大嵐/「勤労感謝の日」/降雪および積雪予報/十一月、五十四年ぶりの雪景色/波にあらがう防寒/全編ぐうたらぶり、いいかげんぶりの『ぐうたら物語』/忘れ去ってはいけない教訓/重かった富有柿/「奈良 富有柿」/いよいよ年の瀬/「快い月下美人談義」/パッションフルーツ(写真付き)/嗚呼、無念/「枯葉・落ち葉しぐれ」/嗚呼、「千寿司」消えて「すし兆」/ふわふわマフラー/善意の世直し/芳香を放つパッションフルーツ/『流星群第三十六号』

第62集 あっぱれ! あおばちゃん

2016.11.1発行
第62集 あっぱれ! あおばちゃん
前田静良著

A5判 218頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-38-9

収録作品
七月盆/長引く梅雨空/七十六歳誕生日のわが生き様/大雨降る七十六歳の誕生日/つらい決断/「海の日」/悪夢にうなされて/イタチごっこ/草取りは、ただいま待機中/七月二十二日(金曜日)の夜明け/雨上がりの夜明け/幸せ/月下美人/憂い事多い中の朗報/焦がれる夏空/延びゆく平均寿命をかんがみて/私日記、七月二十八日・晴れ/「夏が来た!」/夏風/八月の訪れ/季節の移ろい/わが生涯学習は、おざなり/夏の夜明け、つれづれ/真夏の夢/「広島原爆の日」/つらい期間/夏の朝、つれづれ/「長崎原爆の日」/快い秋の風/「山の日」/内村選手の優勝にとりつく美談/寂しい夏/新連載『ぐうたら物語』/「終戦の日」/短い夏/オリンピック賛歌/「栄冠には涙あり」/テレビ観戦も終盤戦/晩夏の朝模様/曙光をもたらした銀メダル/夏/日常生活への復帰/ゆく夏を惜しむ/「メダル、メダル」/悩み尽きない人生/ブラジル礼賛/八月台風にかかわる結末文/休養文に替えて/夏の終わりにつのる感慨/八月の結文/「防災の日」/冠の秋/秋、到来/初秋の迷想/鎌倉芸術館/秋愁/集音器/頃は好し、だが……/重陽の節句/秋晴れの「ドン」/広島カープ、祝優勝/ぐずつく秋空/アナログ人間の哀歓/十六夜の月に託す/夜明けの空を眺めながら、思う/よみがえる「ごったま」(飴玉)/亡き父を敬う「敬老の日」/彼岸花/台風十六号、余話/

第61集 のどかな夜明け

2016.8.10発行
第61集 のどかな夜明け
前田静良著

A5判 218頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-38-9

収録作品
「スズメの涙」/つらい望郷/五月病とふるさと病/葦の原の夢/ふるさと地震から一ヶ月/わが崇拝する「ボランティア活動」/第十三回大船まつり/日本列島を襲う地震/「人のふり見て、わがふり直せ」/のどかな夜明け/夜明けの成り行き文/身勝手な継続文」/切ない夜明け/輝かしい二人/「雨の日」/悲願!/晴れ、さらに炎天を願う空模様/命を想う/愉快な話題/梅雨入り間近の心模様/妻の大役/五月晴れ、惜別/六月入り、安寧に暮らしましょう/ままならない人の営み/瞼の重い夜明け/草取りにともなう哀歓/暗雲/アジサイ/梅雨空/関東甲信越地方、梅雨入り/切ない望郷/腹いせのとばっちり/熊本城の石垣、崩壊/「くまもん」に浮かれてはおれない/イチロー選手に託す夢見/熊本地震から二か月/梅雨払いの感興/功罪人間模様/イチロー選手の快挙から学んだこと/梅雨期の懐郷/「父の日」/時や季節の速めぐり/「夏至」/ジューンブライトの下の人の営み/自作文は余儀なく休筆/選挙/梅雨空、つれづれ/雑草魂/ケンブリッジ飛鳥選手に託す夢叶え/恵みの雨/アジサイの月、終幕/平々凡々たる平和/内憂外患/旬の味と母ごころ/戦時下のわが記憶/「月日は百代の過客……」/わが営みは「風前のともしび」/アジサイの剪定作業/「七夕」/天敵/寂しい夜明け/ふるさと時代を偲ぶ豪雨/参議院議員選挙終わって……/再び、参議院議員選挙つれづれ

第60集 春が来た~

2016.6.10発行
第60集 春が来た~
前田静良著

A5判 222頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-37-2

収録作品
三月は人の移動の季節/寒の戻り/悲しみの五周年/ままならない春/春、つれづれ文/ふうちゃんの励まし/「ひぐらしの記」の継続を支える神様たち/ようやく、春気分/春彼岸入り/彼岸入り日にまつわる日記/雨、風、桜/「春分の日」/暇潰しの生涯学習/桜日和/「春眠、暁をおぼえず」/季節の良し悪し/春の気象は、気まぐれ/寝呆けのつれづれ文/北海道新幹線開業/スポーツ観戦の心得/烏兎怱々/わが家に居ながら楽しむ「ふるさと情景」/桜、さくら、サクラ/切ない四月一日/出会いの月(四月)に願うこと/四月三日(日曜日)、小糠雨/花に雨、だけど気分は良好/配偶者/大腸カメラ/「タケノコ、ふるさと便」/満願成就/「花よりタケノコ」/最終の桜日和/わが草取りは「チンタラチンタラ」/恨めしい桜日和/春のわが暮らしぶり/同志は元気に書いている/ふるさとに大地震襲来/「平成二十八年熊本地震」/「阪神」の一・四倍の地震/熊本産にまつわる善意/「人生行路は茨道」/「拾う神あり」、感謝!/人様に、生かされて……/切ない、夜明けの空/ふるさとの空/ふるさとの地震速報/大型連休初日「昭和の日」/四月末日の哀しみ/『姉妹三人旅』(大沢さま記)/泣けてくる/「憲法記念日」つれづれ/「みどりの日」つれづれ/「こどもの日」つれづれ/人の幸せ/大型連休、週末つれづれ/大型連休末日、つれづれ/新茶の茶柱

第59集 「どんどや」の復活

2016.5.10発行
第59集 「どんどや」の復活
前田静良著

A5判 224頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-36-5

収録作品
年の瀬のわが家の日暮らし/年の瀬の朗報/年の瀬のふるさと情報/いよいよ年の暮れ/十二月三十日に想う/大晦日/祝新年/休養日/きょうも休養日/切ない書き初め/再始動の苦しみ/お節料理食べ尽きて……/「七草粥」は食べなくても、激励のおかげで元気です/年の初めの「歳時(記)」/新年最初の三連休 春の色/成人の日」/鶴岡八幡宮/隣接する横浜に初雪/寒気団の訪れ/「小正月」/色褪せる正月/苦悶 /初雪/初雪の日の通院/わが日暮らし/「大寒」/わが舌鼓/風雪雨予報/「どんどや」の復活/春近し!/南の島の雪/「面倒くさがり屋」の泣きべそ/一陽来復、試練の時/愚痴こぼし、つらつら/雪予報の空 1/もう過ぎて、ようやくたどり着いた一月末日/二月一日/三寒四温/「節分」/「立春」/早春の陽射し/「言い伝え」/早春の戯言/相互の良心 謝辞/おぼつかない試走/快気祝い/一〇〇〇円床屋/春の嵐/まもなく春うらら/人の声/愚の骨頂/春よ、来い!/暖取り/春が来た!/春あけぼの/春、つれづれに思う/過ぎゆく二月/弥生の空/春先駆けの温情/雛祭り/「冬終わる。」/戦う大和撫子/老いの血肉躍る戦いぶり/春の雨/春の憂鬱

第58集 ハロウィーン

2016.3.10発行
第58集 ハロウィーン
前田静良著

A5判 228頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-34-1

収録作品
好物/快い晩秋/富有柿/一年の速めぐり/ハロウィーン/ツワブキの花/過ぎゆく秋/「文化の日」/沸き立つふるさと慕情/晩秋の日本晴れ/日本列島、礼賛/望郷と母恋い物語/「立冬」/立冬時雨/初冬時雨/整理番号を付されたわが命/夜長の戯れ言/試練の時/人の営みは常に試練の時/来年の卓上カレンダー/「七五三」/初冬、なお実りの秋/さざんか梅雨/体験学習/夜長、つれづれ/惜別/マテバシイのドングリ/「勤労感謝の日」/三本立て、テレビ映画観覧/夜長のいたずら書き/『昭和、暮色』/畏敬の念/ないものねだりのフィギュアスケートテレビ観戦/美しい世代交代/過ぎゆく十一月/師走の入り日/出会い/継続は悩ましい/寒波の訪れ/「おじさん」の話題/私日記/「遣らずの寝床」/「苦は楽の種」/イルミネーション/受験戦争/父の真似事/天上のお歳暮/人様のご好意/年の瀬の小さな幸せ/年の瀬のダジャレ(文)/年の瀬の決着/年の瀬の風物詩/年の瀬は「塞翁が馬」/年の瀬の食べ物考/『流星群』のもたらす決意/年の瀬の戯れ言/「冬至」/「天皇誕生日」/「クリスマスイブ」/嗚呼、メリークリスマス!

第57集 稲こづみ

2015.12.10発行
第57集 稲こづみ
前田静良著

A5判 224頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-31-0

収録作品
防災の日/今日(九月二日・水曜日)も雨/秋の風/冠の秋/快い残暑/「文章のイロハ」/ままならない天候/ミニトマトへの惜別/遣る瀬無い雨/罪な日本晴れ/災害列島・日本列島/惜別、最後の運動会/後顧の憂い/果物の秋/人の世は雨、曇り、ときには晴れ/健康マッサージ機の祟り/嘆きの継続文/彼岸花咲く季節/秋の彼岸の入り日/「敬老の日」/「国民の休日」/「秋分の日」/秋分の日過ぎて眺めている東の空/真夜中の懺悔/山栗/ふるさと、里栗の恵贈/鶴竜、涙の優勝/初秋から中秋へ/九月、月間皆勤賞/月替わって、十月一日/嵐の中の出会い/秋の夜長/わが人生模様/ドングリ/二日続けての吉報、相次ぐお二人のノーベル賞受賞/第三次改造安倍内閣発足/秋、酣/創作の秋/秋の夜長のつれづれ/つらい休養/初体験は満点/秋空の下の好日/新たな診察券/秋の夜長のだらだら駄文/虫けらの深情け/秋の彩りの堪能は、「今」が盛り/私は欲張り/落ち葉しぐれの映す人生の縮図/皇后陛下、お誕生日コメント(八十一歳)/文は人なり/運動会見物の朝/運動会見物/稲こづみ

第56集 あおばちゃんの思い出作り

2015.11.1発行
第56集 あおばちゃんの思い出作り
前田静良著

A5判 218頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-30-3

収録作品
日本社会の課題/オウンゴール/梅雨の雨/ふるさと情報は、心の温もり/梅雨の雨は、降り続いている/七夕のラブ・ロマンス/憂鬱気分を蹴散らす、人様のご厚情/ささやかな喜悦/朝一番の約束/梅雨が明けても……/夏の風物詩/切なくもうれしいご好意/ふるさと電話の一コマ/やんぬるかな! 七十五歳/続「電子辞書」顛末記/優勝劣敗/二つの「顛末記」、完結編/夜明けの風/「海の日」/夏の暑さ/夏の思い出/夏の朝/夏の花々たち/五年先の夏空への懸念/夏だより/夜明けの空の下、思う/さずかった感動/一周忌、ふるさと帰行を終えて/八月は気分の重たい月/健康体/「ながさき平和の日」/八月の涙/こいねがう「夕立」/夏の日のふるさと/かなしく、くるくるめぐる歳月/八月盆のつれづれ/七十回目「終戦(敗戦)記念日/夏休み/夏の街/夏の雨/あおばちゃんの思い出作り/遠ざかる「夏の快感/東海大学相模高校・栄冠/垣間見たふるさと情報/夏の終わりに思うこと/台風接近中/「こうのとり」の快挙/ふるさとを襲った「台風十五号」/健康と老人病/かき氷/「台風十五号、顛末記/健康寿命、世界一/変な夏の終わり方

第55集 ちょっと、うぬぼれ

2015.8.20発行
第55集 ちょっと、うぬぼれ
前田静良著

A5判 224頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-27-3

収録作品
風薫る五月/虫けらの嘆き/ふるさと情報は、うれしい贈りもの/祝日「みどりの日」/「こどもの日」/迷い文は、人様に支えられて……/ 享楽と疲労のゴールデンウイーク/ 『仲良きことは美しきかな』(武者小路実篤)/「母の日」忍ぶ母/大船まつり/五月病かな? 老人病かな?/台風六号/朝ぼらけ/祝! 日本人の平均寿命世界一/ 夜明けの霧/物憂い夜明け/「大阪都構想」否決/ピロリ菌消滅、その後/時の速めぐり/夜明けのゴロゴロさん/親譲りの人生訓/朝焼け/親の背中/大相撲夏場所・照の富士初優勝/ たったの震度四に怯えて/自然界礼賛/二兎はは得られない/タイガース、連夜サヨナラ勝ち/「ひぐらしの記」にまつわる「つらさ」/五月最終日/ 六月一日、夜明けの空/アジサイの季節/駅/わが身を案ずる二つのふるさと電話/梅雨入り前のつれづれ/とかく、この世は住みにくい/精神は青春、身体は老醜/ 悪夢/「梅雨の音」は雨のシトシト/ちょっと、自惚れ/ミニトマト/心中の葛藤/決断、先延ばし/祝八周年/電子辞書、二度目の顛末記/継続/ 梅雨半ばの気分/ 梅雨の晴れ間/「夏至」/再び「夏至」つれづれ/沖縄七十回目の「慰霊の日」にあって/憂鬱気分ほぐし/勝算浴びる「なでしこジャパン」/世情の二つを記す/銘菓ランキング/植えつけの収穫期/六月最終日の老婆心

第54集 母の膝枕

2015.6.1発行
第54集 母の膝枕
前田静良著

A5判 226頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-25-9

収録作品
「啓蟄」/「禍福はあざなえる縄のごとし」/ハチ公/生きることは一大事業/「東日本大震災」四周年/途絶えたふるさと便「高菜漬け」/ 様変わる日本の国/ 春の庭中/栄枯盛衰/春/余暇の友/母校閉校、惜別/生の享受/春の愁い/「春分の日」/ 春礼賛/さわやかな春の一日/ふるさとを映す一枚の写真/「パブロンエースAX錠」三錠の恩恵/老化現象、寿命まで生きていく/ヨタヨタ歩きの楽しみ/つらいシーズンの幕開け/『手のひらから広がる未来 ヘレン・ケラーになった女子大生』/「春はあけぼの……」/三月末日、つれづれ/ 「考える葦」/桜の花/春の「ふるさと情報」/鎌倉の桜花、終了ゴング/「筍・ふるさと便」/『望月窯の春』/ ピカピカ新一年生/両陛下、「パラオ」慰霊の旅/平成27年「水明会」/ピロリ検査、受験生/雨のエレジー(悲歌)/歯医者通いはエンドレス/賜ったふるさとの味・おふくろの味/ 母の膝枕/晩春の日本晴れ/久しぶりの朝焼けに悪酔いして……/草取り雑感/ピロリ菌完全消滅/初体験「ちゃんこ」のおもてなし/母への伝言/トラブルがもたらしている憂鬱気分/激励にすがって……/ 「こども読書の日」/ 夜明けの空/「ドローン」/わが家のゴールデンウイーク/花のように、生きたい!/高揚感をたずさえて、生きたい!/「昭和の日」/電子辞書顛末記