前田静良随筆集

前田静良随筆集
ひぐらしの記 シリーズ 
 本著は著者が当社掲示板に投稿している随筆を当社ホームページの「ひぐらしの記」に転載後、まとめたものである。著者は定年退職後の日々の生活の中で、故郷時代を振り返り、その生活の中で出会った人々との思い出、とりわけ父母、姉兄たちとの深い絆、サラリーマン時代の苦悩、退職後の妻との日常の暮らし、初孫の成長など、著者の人柄が滲み出た作品群である。

第73集 変遷する日本の国

2019.1.15発行
第73集 変遷する日本の国
前田静良著

A5判 200頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-62-4

収録作品
秋の夜長のつれづれ/林檎/横綱白鵬、二つの偉業/切ない思い/中秋の名月/おっちょこちょいで、アホな私/広島カープ、セ・リーグ優勝/まだ、中秋なのに……/朝のつれづれ文/助け舟は「栗団子」/台風去って、「月下美人」/わが嘆きの老婆心/秋なのに……/飽きがきている/パソコン修復劇/屈辱の「体育の日」/好季節が恵んだ「人情劇」/「豊洲新市場」門出/「去る者、来る者」人間模様/新聞社(新聞)の危機/怠け者/寒さに負けた。なさけない/くだらない、つぶやき/ふるさと産新米/夜明け間際の愚痴こぼし/果物の秋/美智子さま、賛美/晴れた秋の日、「日々是れ好日」/名句をくちずさんだ「柿のふるさと便」/私は頑張りを称賛する/秋の夜長の迷い文/再び、二番煎じの文章/わが身、肥ゆる秋/孫の運動会見物/様変わる世の中/十月末日/十一月、月初/ニューヒロイン・わがアイドル/「触発」果たせず/過ぎた「文化の日」/切ない晩秋の空模様/「天声人語」から借りた鎌倉情報/立冬/初冬の思い出/春夏秋冬・思い出の数々、吊るし柿/嗚呼、わが難聴/謝辞/夫婦和む季節/「団子(だご)」作りの恵み/「七五三」/叶ったり「七五三」は日本晴れ/やはり、文章が書けない/「卵飯し」/人間の侘しさ/さ迷う夜長/「勤労感謝の日」/二度目の「大阪万博」決定/貴景勝、初優勝/老婆心の種は尽きない/かたじけない、文章/叶えられない、平々凡々の日常生活/十一月最終日/平成三十年十二月一日/マラソンランナー/年の瀬の喜怒哀楽/夜長の迷想/暖かい冬/愚痴をこぼしながら、懲りず走り書き/夜明け前の想念/変遷する日本の国

第72集 夜来の雨

2018.11.15発行
第72集 夜来の雨
前田静良著

A5判 202頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-61-7

収録作品
「復興五輪」と言えるのか/日本列島、悲しみの中の「七月盆」/誕生日/誕生日の備忘録/畏敬つのる、炎天下のボランティア活動/夏、雑感/暑い夏/はがゆいこと/カジノ法案/夏の朝/現下、日本列島の夏/日本国内最高気温・埼玉県熊谷市/わが、夏の醍醐味/超ミニミニの夕立(恵みの雨)/ひと雨の恵み/天界の警め/好きな すしのネタ/休みます/書き殴りの番外編/きのうは書き殴り、きょうは走り書き/ああ、なさけない/心地良いものの双璧/憤り/第一〇〇回記念大会開幕日/「広島 原爆の日」/悲しい日本の夏/我慢できるもの、できないもの/台風十三号の悲哀/儚い願掛け「真夏の夢」/「山の日」/夜来の雨/「八月盆」/休むべきだった/「太平洋戦争 終戦の日」/八月盆明けのつれづれ/山鹿湯まつり「千人踊り」/苦々しい思い出/夏の終わりかけに、つれづれ/とことん、はがゆい! 真夏の夢/私日記/人生行路は茨道/生存/高校生逸材、池江選手/何かにつけて脅かす、マイナス思考/残暑見舞いの候/六十(歳)の手習いの足跡/季節のめぐり/人生訓の復習/過ぎ行く八月/季節めぐって、九月一日/秋は気配から実感へ/通院の顛末/この夏の気象総括(気象庁)/「診断と判断」/秋の走り、雑感/北海道地震/ほのぼの文を書きたい/わが唯一の「芸術の秋」/きわめつきの朗報/ふるさと電話の感激!/好きなものだけを食べる/玉石混交文/物思いの季節到来/爽秋の候/ひとみな、終生の母恋慕情/「敬老の日」/「嗚呼。無情」

第71集 人生行路は茨道

2018.9.1発行
第71集 人生行路は茨道
前田静良著

A5判 200頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-57-0

収録作品
「昭和の日」/五月の風/不誠実/散文と韻文/寂しいニュース/変質する日本社会/人間技の堪能/月曜病に替わる憂鬱/外来患者が溢れていた/寒波に堪えて、つれづれに/いたずら書き/わが憂い/虫けらのわが思い/母の面影/読書離れのわが一考察/蚕/安眠を妨げる終活/ちょっぴり空しいつれづれ書き/懐かしさつのる「千寿司」/世直しをになう快進撃/テレビカメラの威力/なさけないこと/やんぬるかな! 四字熟語のおさらい/梅雨空のつぶやき/通告そして落胆/ピカピカと光る風前の灯/出かける前のつれづれ/孫には勝てない/梅雨入り近し/古稀・『静の舞』における感謝/五月末日、つれづれ/月替わって六月/人それぞれの人生/孫のピアノコンサート(記録)/水無月/「米朝首脳会談」決行ニュース/童話『でんでんむしの かなしみ』/いよいよ梅雨入り/梅雨の晴れ間/梅雨季、よみがえる記憶/社会悪/シンガポール・セントーサ島/「米朝首脳会談」が明けて/梅雨空を蹴飛ばす、わが三種の神器/「ひぐらしの記」誕生日(十一歳)/御礼文/様変わる日本社会/サッカー・ワールドカップ(w杯)/大阪北部地方地震/日本チーム、初戦金星/めぐってきた「夏至」/悩みを癒す郷愁/梅雨の合間のつれづれ文/夏の陽射しの「沖縄」を思う/真夜中、テレビ観戦の後遺症/高齢者の人生は「梅雨空」/人生行路は茨道/夢の中の「ばちかぶる」/歓迎! 早い梅雨明け/夏、雑感/夏痩せ願望/蜂刺されのその後/十一年の重み/日本列島に降り続く大雨/七夕/日本列島、大雨被害/西日本豪雨被害、追伸/「平成三十年七月豪雨」/またも、書かずにおれない/日本の国の人口動態

第70集 静(しずか)の舞

2018.6.1発行
第70集 静(しずか)の舞
前田静良著

A5判 206頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-56-3

収録作品
幸運、この人がいなかったら…/冬季「平昌オリンピック」開幕/手鍋下げても五十年/あらたな東京の絶景/夢を叶えた二人の大和撫子/メダルと栄誉賞/春の憂鬱/才能と努力/日の丸、金、銀、相並ぶ/小平奈緒選手、金メダル/平和/フィナーレ(終幕)間近の金メダル/確かな春の訪れ/春の雪/冬季オリンピックにおける「風」/しんがりのうれしい金メダル/平昌オリンピックが明けて/ヤバイ、わが身に焼きが回り始めている/私は「天邪鬼」/春三月、初日/春到来/「ひな祭り」/春三月の特徴/「フキノトウ物語」/めぐってきた「春の風景」/春の憂い/「出藍の誉れ」/健康寿命/人災と天災/この春の憂鬱/逃れられない春愁/「春なのに……人工霧」/春眠/別れのエレジー(悲歌)/花の命、人の命/御免こうむりたい春の夢見/春の雨/雨と寒の戻りの「春分の日」/「春分の日」のとんだ雪景色/日本列島、人、躍動の季節到来/菜の花/ふるさと・「菊池渓谷」の復旧を伝えるふるさと/カラス曲がり(こむら返り)/懲りても防げない「成り行き文」/茶番の政治ショー/「桜、サクラ、さくら」/春ウララ/第二弾の桜見物は「千鳥ヶ淵」/「静の舞」/阿吽の呼吸/出会いの月・四月/言葉と文章/桜の頃/「好きこそものの上手なれ」/花嵐/鎌倉まつり/嗚呼、自虐精神/人間不信を癒す処方箋/カラス曲がり/国会中継/人口動態/季節の恩恵、苗物を植えました/再三の「カラス曲がり」のこと/重なる友情/再びのおねだり/日本男性の大恥/休養/「バイキング」/人生は有限/わが人生行路における慨嘆/家内安全/大好物三昧の果報者/平和祈願!/のどかな夜明け

第69集 願うは「日々是好日」

2018.3.1発行
第69集 願うは「日々是好日」
前田静良著

A5判 208頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-53-2

収録作品
十一月末日、夜長の妄想/師走入り日の僥倖/配信ニュース「皇室会議」/わが人生に付く「最後の冠」/夜長の雑感/たび重なる老婆心/富有柿/「情けは人の為ならず」/淡々とめぐる年の瀬/山際の年の瀬風景/婆心は尽きない/悲運/さずかりものの「声なき声」/寒波に泣きべそ、弱虫/老化現象/二つのコラムに魅せられて、引用/提言「老後とは」/なさけない顛末/「冬至」/「天皇誕生日」/カレンダー、つれづれ/年の瀬のカレンダー/「カレンダー物語」最終編/年の瀬の夫婦の会話(哀話)/「官庁御用納め」/年の瀬の買い物/続、年の瀬の買い物/大晦日/明けまして……/心和む思い出/三が日、最終日つれづれ/正月は「めでたくなし」/言葉の醸す「春近し」/願うは「日々是好日」/「七草粥」/「成人の日」/人それぞれの青春時代/衝撃/「鏡開き」/好意の連載開始『父の家』/試練・克服・挫折/早春の感動編/「小正月」/再び記す「どんど焼き」/早春の絵になる風景/早春編、つれづれ/朝寝坊に浮かんだこと/高齢者の悲哀/余儀ない退却予備軍/一月二十二日、降雪予報/崩れ行くわが人生/雪明かり/寒波襲来/寒波の中の悲運/自己鞭撻、鞭が折れそう/栄冠には涙あり/病症状/春待つ心/二月、入り日/過ち(失態)/寒波の中の「春の節分」/待ち焦がれていた「立春」/春近し、わが思い/事故と犯罪/春はもうすぐ!

第68集 この人、老いさらばえず

2017.12.10発行
第68集 この人、老いさらばえず
前田静良著

A5判 212頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-51-8

収録作品
彼岸花/待合室でめぐらした思索/「秋分の日」/一度目の冬支度/大相撲秋場所千秋楽/秋/季節は正直者/衆議院解散/夜長、この秋初体験/夜長のつれづれに、思う/十月一日/さわやかな季節、気分をおびやかす魑魅魍魎(ちみもうりょう)/「ひょっこロス」/人生はサバイバルゲーム/中秋の名月/ノーベル文学賞/夜明けの「嗚呼、無情」/秋の夜長の瞑想(迷想)/近づく「ドラフト会議」/総選挙公示日/この先の長い夜/この人、老いさらばえず/灯火親しむべし/音と声/とろろ汁/生前の母は食品メーカー、得ては「おふくろの味」/秋の悪天候/あっぱれ小学生、本田まりあさん/劣化を続ける日本社会/夜長の戯言(ざれごと)/ダブル選挙、投票日/総選挙(衆議院)選挙、結果/芥子粒(けしつぶ)ほどの幸せ/曇天の買い物行/常にたずさえている父への慕情/人生行路におけるターニングポイント/ふるさと産新米/「一本釣りカツオ(鰹)」/「木枯らし一号」/季節はめぐって、十一月初日/夜長の妄念/「文化の日」/劣化を続ける日本社会/晩秋/めぐりゆく十一月/「立冬」/夜長の嘆息/アメリカ・トランプ大統領来訪顛末記(てんまつき)/連チャン通院/校正作業/凡庸の苦しみ/快い出会いを恵んだ「小春日和」/「七五三」につづるおとな社会の不誠実/季節の恵み/いたずら書き/寝ぽ゛けまなこの雑文/木の葉しぐれ/生老病死、四苦八苦/書かずもがなの文章/「勤労感謝の日」/わが身に余る宝人(たからびと)/大相撲九州場所、白鳳優勝/高校野球、来年の神奈川県大会/人生晩年の哀歓/夜長の「夢」考察/「児童教室」の再現

第67集 小さな平和

2017.11.20発行
第67集 小さな平和
前田静良著

A5判 208頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-50-1

収録作品
二人だけの祝宴/「海の日」つれづれ/ああ、無情/雷雨/夏が来た/玩具遊びにかける夢/叶えられない夏痩せ願望/夜明けの杞憂/白鵬、優勝インタビュー/なさけない慨嘆/小さい頃の夏/初心、忘るべからず/重たい気分の夜明け/母の荷作り/命の重さ/七月末日、つれづれ/西瓜/夕立/寒い夏/「大阪、単身赴任生活の一端」(私蔵版「エッセイ集より」)/重たい気分の八月/炎天下の哀しみ/熱い夏/「長崎原爆の日」/ソーメンと鯨肉/「山の日」/好事、魔多し/「八月盆」/言葉/七十二回目の終戦(敗戦)の日/「楽は苦の種、苦は楽の種」/まぬけな私/生煮えの夏/荒れ狂う夏空/行く夏、雑感/月下美人/トウモロコシ/夜明けの気鬱/雷にまつわるそれぞれの記憶/嗚呼、わが無能力/夏の終わりにかけて、つれづれ/八月の日暮らし/ワシワシの鳴き声/八月最終日/「防災の日」/早い秋の訪れの功罪/マークⅡ/老婆心/「あっぱれ」/小さな平和/「おもてなし」を受ける好季節/わが凡人の日暮らし/桐生選手、九秒九八/落ち葉しぐれ/夜明けの憂鬱/今昔の天気予報/秋天が誘った買い物行き/命/「敬老の日」前日の私/十八号台風、余波の功罪/ふるさと慕情つのる彼岸の入り日

第66集 わが人生の悔悟

2017.9.15発行
第66集 わが人生の悔悟
前田静良著

A5判 212頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-46-4

収録作品
鎌倉めぐり/鎌倉めぐり、顛末記/月曜病/キュウリ、ナス、トマト、季節の到来/「いろはかるた」/わがテレビ視聴/タンポポ/変わりゆく街相/「母の日」/感謝!/驚異!/祝福!/草取り/真っ白いカラス/のどかな朝空/繰り返すモチベーションの低下/楽しめるテレビ観戦/豆御飯/赤飯/点滴/「ふうちゃん物語」/時のつれづれ/東京の街、歩行/白鵬、全勝優勝/「窮鼠猫を噛む」/月末日、つれづれ/六月初日、つれづれ/わが人生の悔悟/若き怪物たち/「卓球日本」復活/「アジサイ寺・明月院」わが人生は過去物語梅雨空/梅雨入り宣言/ホタル/「時の記念日」/「入梅」/梅雨の足取り/夢見/スタートライン/祝『ひぐらしの記』十歳の誕生日/祝賀気分/ふうちゃん、ありがとう/「父の日」/ふるさと電話/キュウリ、ナス、トマト/「夏至」/出藍の誉れ/沖縄「慰霊の日」/文明の利器/大和撫子ランナー/遺稿/活躍する少年たち/「二度めの還暦旅行の朝」/朝寝坊/梅雨明けをひかえて/快い世代交代/わが日暮らし、つれづれ/「都議選」吹き荒れた風/梅雨の功罪/下種の勘繰り/九州地方、豪雨被害/川のもたらす恐怖と戦慄/祖霊の旅/九州豪雨/再び、よみがえる恐怖/繰り返すダイエット/「七月盆」迎え日/梅雨明け間近の「ふるさと便」/誕生日と祥月命日

第65集 ふるさと病

2017.6.10発行
第65集 ふるさと病
前田静良著

A5判 212頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-40-2

収録作品
「年寄りの冷や水」/ふるさと病/「プレミアムフライデー」/東京マラソン/春爛漫のわが気分/過ぎゆく二月/さずかった友情/ひな祭り/ピンボケの春/啓蟄/一錠の風邪薬/試し文/たそがれ時の受信/相次ぐ悲報と訃報/弔辞/宴のあとのしっぺ返し/「ホワイトデー」/「相良観音様」/「文は人なり、器なり」/「嘘」のはびこる世相/春愁/混乱する国政と都政/「春分の日」/寒気去って、気が緩む/ワイドショー惜敗と辛勝/「ぐうたら物語」の終了にちなんで/花冷えに思う人の世の無常/「ひぐらしの記」はユートピア/寒い日/悲しい事故と事件/春のつれづれ/うれしいご投稿文/桜/快い雨の月替わり、四月初日」/モチベーション(やる気)/桜の季節/文明の利器/永別/俎板の鯉/春はあけぼの/サクラチル/佳人薄命/青空の下の桜に求める癒し/またもや雨の予報/人の世のつれづれ/草花/「サクラチル」/めぐりくる震災/暁に祈る/晩春のお便り/自然界の恵み/本格始動に向かう日課/ふるさとの味・おふくろの味/功罪半ばする文明の進歩/悪夢/あっぱれ! 将棋・藤井聡太四段/朝焼けの空/朝空/「口は禍の元」/夜明けの慨嘆/「昭和の日」/四月末日/風薫る五月/夜明けの祈り/「憲法記念日」/「みどりの日」/「こどもの日」

第64集 春近し

2017.3.25発行
第64集 春近し
前田静良著

A5判 212頁 上製本
2,000円
ISBN978-4-906933-44-0

収録作品
評価と功罪/寒い朝/ままならない「推敲」/年の瀬の大嵐/年の瀬の「日露首脳会談」/年の瀬の願い/とどめ置く「日露首脳会談」模様/年の瀬の嘆息/増え続ける空き家/才能無いないづくしで年の瀬は下旬入り/「冬至」/冬休みの快い原風景/新潟・糸魚川大火災/ときどき痛み出す持病/クリスマス/怠け心/年の瀬に浮かぶ母の背中/「官庁御用納め」/オンライン購入初体験/今年は残り二日/平成二十八年(二〇一六年)大晦日/迎春/正月二日、お里の知れるわが心境/初夢/「官庁御用始め」/初春/わが仕事始め/「七草粥」/新年、わが家の日常生活の始まり/「成人の日」/「ウグイス物語」/おみくじに代わるわが運試し/命浮かべて、めぐる季節/大寒波/いやおうなく学ぶ「人文地理」/「小正月」/寒波凌ぎは孫頼り/わが記憶の中の「阪神・淡路大震災」/春近しを告げる、富士山の輝き/様変わりするエキナカ(駅中)/「大寒」/再度の苦しい手習い/稀勢の里、悲願の初優勝/稀勢の里、大願成就/三度目の称賛/「雪月花」/ノートパソコン/日向ぼっこ/春近し/「竹皮」が恵む郷愁/過ぎゆく一月/断捨離/二月一日/幸先の良い春の兆し/「節分」/「立春」/春の装い/飛び入りの「一〇〇〇円床屋」/二月の商戦/費用対効果の実践/過ぎ泥む冬の下の戯れ文/「建国記念日」/わが命の行く末/朝刊休刊日/「バレンタインデー」/果報者/大きな春待つ試練/「春一番」予報/「春一番」確定/約一か月ぶりの復帰/有頂天/「うそから出たまこと」を恐れる学習/気の緩み