作品の紹介-5

いらぼ釉茶碗
高さ9cm×直径12.5cm
坂本宗生 作

Tea bowl with "irabo" glaze
height 9cm,diameater 12.5cm
by Sousei Sakamoto
"irabo" is pronunciation
of this glaze's name
in Japanese.

進む forward

戻る back

表紙に戻る back to page 1

 

いらぼ釉
いらぼ釉は、作家によって、いらぼ釉と呼ぶ釉の外見が、かなり異なることがある
釉ですが、その特徴を大づかみに言えば、珪酸分の少ない鉄釉ということになると
思われます。こういう釉は、焼成したときに流下しやすい性質があるので、
肌理の粗い素地に施釉すると、その凹凸に従って、流下のバターンが変化して、
素地の特徴が際立ちます。アルミナ、鉄の含有率には、ある程度の巾があること、
成分をどんな原料から採るか、また、前記の素地の性質の違いが、絡み合って
様々ないらぼ釉の作品ができるようです。