望月窯
MOTSUKIGAMA

宗弘記念館
SOUKOU KINENKAN

坂本宗弘が志しなかばで早逝(2005.2)したことは、家族としてはとても残念でなりません。
そこで何とか足跡の一部でも皆様に紹介することができれば、本人及び私達家族の慰めに
もなると思い、この記念館を建てることにしました。やっと完成して、正式に開館する運
びになりました。

開館の御案内 (現在休館しています)

■開館日(当分の間原則として) 土・日曜日

■開館時間 午前11時〜午後4時まで

■入館料 無料

■場所 茨城県古河市上片田1013-18

      TEL・FAX 0280-76-5827

JR宇都宮線野木駅下車東口タクシーで10分
(小山合同タクシー 0280-55-1122)

★ ★ ★ ★ ★★ ★ ★ ★ ★★ ★ ★ ★ ★★ ★ ★ ★ ★★ ★ ★ ★ ★★ ★ ★ ★ ★★ ★ ★ ★ ★★ ★ ★ ★ ★

 望月窯 近況
 

やっと少しずつ手入れが出来るようになりました。
まだ開館までには至りませんが、近況報告をしていこうと思います。

 
 ★ ★ ★ ★ ★
 
 2017
 
 
冬の候
御蛇様、お引っ越し
今年は戌年であるけれど、私は年の初めに蛇のことを書こうと思った。というのは、昨年中は古河の実家で何度も蛇のお出ましにあった。記念館の入り口はほとんど一日中陽が当たり、生き物には最高の場所である。もちろん、寒さを嫌う蛇の住処としてはお気に入りの場所なのであろう。どうやらこの場所の地中に蛇が住処を構えたらしい。
昨年の春先に草むしりをしていたら蛇がとぐろを巻いていた。私はギョッとしたけれど、そのままやり過ごした。その後も気温が上がるにつれ、その場所で長々と体を伸ばしてひなたぼっこをしている蛇様に出くわした。何度出会っても「ギョッ」と一瞬体が固まってしまう。「また脅かしたわね」と苦笑しながら、スルスルと地を這って逃げていく後ろ姿を目で追った。
蛇は家の守り神だから、自らに言い聞かせながら、そのときはまだ放りっぱなしにしていた。
夏のある日、ニンニクの植えて防虫ネットで囲ってあるその中に一メートル以上もあろうかと思える御蛇様の姿に出くわしたときには、今までにない「寒気」を覚えて、思わず殺虫剤を取り出して、無我夢中でかけまくってしまった。けれど蛇様は私の気配を察知して、するすると地中に逃げ込んでいった。
またあるときは、家の入り口に長々と横たわっているのに出くわした。
蛇は両親、弟が暮らしていた頃にはよく現れて、弟は、生け捕りにする器具を自分で作り、それで捕まえては、田んぼの方まで捨てに行っていた。その器具は、長く細い棒の先に針金の輪を取り付け、釣り糸を通して、その釣り糸で輪を作り、蛇の頭が通ると釣り糸を素早く引いて蛇の首を絞めて生け捕りにするのだ。 落ち葉掃きの季節が訪れて、御蛇様の住処から少し離れた場所にカラカラに乾いた長い抜け殻を見つけた。そして、脱皮して一段と成長した御蛇様にまたまた遭遇した。まだまだ勢いが良く、生け捕りの輪をなんなく交わしてしまった。
家の守り神とはいえ、何度も「ギョッ」とさせられては、気が休まらないと思いながらも、その姿を目で追うだけの日々が続いた。
そして、年の暮れの落ち葉掃きの時、その日は気温もあまり低くなく、住処から抜け出してのんびりとひなたぼっこをしている蛇様とご対面。お互いににらみ合う格好になった。というのも、もう外気温は蛇様の活動には不向きとなっているらしく、まるで催眠術にでもかかったように、その動きは緩慢である。生け捕りの棒の先でつついても、もどかしい動きである。私は輪を作って御蛇様の頭の方から少しずつ迫った。幸いにも蛇様はゆっくりとその輪の中へ頭を差し入れてゆく。十センチも進んだろうか。私は糸を引いた。「お許しあれ」と私はなおも糸を引き締めた。それから身のすくむ思いでその棒を持ち上げ、ゆっくりと田んぼの方へ歩いて行った。
途中、御蛇様は苦し紛れに絞まった首の輪をはずそうともがいて、棒に細長い体を巻き付けている。意外にその重さは片手では持ちきれない感じで、私は必死で糸を引きながら五分ほどの田んぼまでの道のりを、心を震わせて運び続けた。
やがて、田んぼの用水路にたどり着くと、私は糸を緩めた。御蛇様は少しずつ糸の輪を通り抜けていった。
いくら家の守り神様でも、出くわすたびに驚かされてしまっては、住み続けていただくわけにも行かない。第一、ペットのように慣れることはできない私だった。
それでも、とにかくお引っ越しの後は、さすがに後味が悪い。その夜の夢に、ちゃんと御蛇様が姿を現した。けれど、私の行為をとがめているわけでもないようで、その夢は寝覚めの悪いものではなかった。私が気にしていたので気にするなと現れてくれたのかもしれない。
御蛇様は、年の暮れのお引っ越しで、新しい住処を見つけるのに大忙しだったかもしれない。
 終わりよければ……
週末から出かけて月曜日に帰宅している私の実家通いであるが、いろいろなトラブルが起きて帰宅がずれ込むことがある。
ひぐらしの記によれば前田さんのお宅でもトラブルが起こったという。前日に掲示板を開いてひぐらしの記が一日中載っていなかったので、「何かあったのだわ」と心配していた。もし、お休みならば、何らかのコメントが入るはずと思っていたからだ。まさか、三種の神器の不調とは想像もできなかった。
私の実家でも今週の月曜日、帰宅の日の朝にそれは起こった。朝起きると寒いので階下の居間やダイニングの蛍光灯、エアコン、ガスストーブのスイッチをまず入れる。その後に朝食作りのため、電子レンジ、コーヒーメーカー、電気ポットなど次々と使用する。
この日は、そのほかに洗濯機も使用することになった。しばらくするとすべての電源が切れて、まだ早い時刻の部屋の中は薄暗くなった。いつもは起きてすぐに雨戸を開けているので外の光が部屋に入っているが、帰宅する日なので雨戸は閉めっきりで、蛍光灯がついていなければ薄暗く、懐中電灯を見つけるのにあたふたとした。いつも置いてあるところにないのである。結局、二階の部屋で使ったままになっていた。
ブレーカーを見たがどの部屋も落ちていなかった。もしかしたら地域の停電かもしれないと思い、東京電力に電話を入れようとしたが、電話も停電ではつながらない。夫の携帯電話を使用したが、混雑しているため何度かけてもつながらない。
こんな時に限って、向かいのお宅にプロパンガスの供給車が訪れた。何かあったのかもしれないから聞いてみようと急いで外へ出たが、私のところで契約しているガス屋さんではなかったので、すぐに立ち去ってしまった。
ガスストーブも電気を使用しているので、もしかしたら、停電の情報があるかもしれないと思い、ガスのサービスセンターに電話をしてみた。こちらもしばらく通じなかったがやがてつながった。私の話を丁寧に聞いてくれず、「こちらはガス会社で停電はとは関係ありません。お宅の言われている内容が理解できません。東京電力にかけ直してください」という。
私はなおも、「確かに電気の関係は東京電力だということはわかっています。でもガスストーブは電気が通じていなければ使用できないでしよう。そちらに停電のお知らせなど入っていませんか」と言うと、「現在は都内で小規模な停電が一件発生しているのみだそうです」と、私の聞きたかったことがやっと通じた。「それじゃ、あとは私の家の問題ですね」と私が答えると、「ちなみにブレーカーのボックスを見てください」と電話口の女性が言ったので、私はガスメーターの設置場所に移動して、またまた「ブレーカーなどついているのですか」と聞いてしまった。すると女性が「ついていると思います」と言う。何度もやりとりしているうちに、どうやらその女性の言っているのは電気のブレーカーのことだと気がついた。「停電の原因が解決するまで帰宅できない」ということが、私の頭の中をぐるぐる回っている。東京電力に電話が通じるまで待ち続けることになるのだった。
とりあえず私は、ガスサービスセンターの電話口の女性の言葉に従って、再び電気のブレーカーの設置場所に行った。
実家は何度か建て増しをしていて、電気のブレーカーボックスが二つある。新しい方のブレーカーはスイッチが全部ONになっていた。そのとき私の頭にひらめいた。前にもこんなことがあったことを思い出したのだ。蓋が開けっぱなしになっている大きなボックスの横に蓋の閉まっている小さなボックスがあり、その蓋を取るとおおもとのスイッチが落ちていた。
このボックスが全体のブレーカーなのだった。過電流が流れておおもとのブレーカーが落ちてしまったのだ。
私は電話口の女性に平謝りに謝って電話を切った。けれどなお、私の気持ちはその女性の応対の仕方に不満が残った。
東京電力の電話が混雑していてつながらなかったので、ガス器具も停電との関連から、東京電力の停電情報が入っていないかどうかの確認をしたかったのに、こちらの質問を丁寧に聞いて理解してくれなかった不満が、なかなかおさまらなかった。そのうちに慌てふためいた自分の態度に恥ずかしさがこみ上げてきた。
夫が、「終わりよければ全て良しとしようじゃないか」と笑いながら言った。私はその言葉にようやく溜飲を下げて帰宅した。
台風二十一号のあとさき
十月十三日に例年通り特定健診を近くのクリニックで実施した。胃のバリウム検査で異常が見つかって再検査となったので、車で三十分の病院へ電話連絡した。内視鏡の予約はまず内科の胃腸外科で診察を受けなければならないとのことだった。消化器科の医師は非常勤で月、水、木、金の午前中のみという。週末から週明け月曜日までは古河にいく予定になっているが、とにかく早く済ませたいため予定を変更して、十六日の月曜日に病院に出かけた。ひょっとしたら、バリウムの影像を見て内視鏡は免れるかもしれないと期待していたが、医師は紹介状を見ただけで内視鏡の予約をするようにという。パソコンの画面に映し出された日程表を見せられて、青い部分が予約できる日というので、最も早い二十三日(月)にすることにした。その週の火曜から木曜まで古河で過ごした。台風二十一号が接近しており、木曜日の早朝に帰宅した。
二十三日は大荒れとのことで心配していたが、影響はなく無事内視鏡の検査は出来た。幸いに軽い逆流性食道炎とのことで、治療も薬もいらず、特に問題はなかった。安心して台風の影響が心配だったので、古河行きは金曜日から行くことになった。ところが台風二十二号が発生しており、台風の進路を気しながらの古河行きとなった。
二十七日(金)のお昼過ぎに実家に到着して、台所の電気を点けると、電気の傘が黄色く濁っている。故障かと思い傘を外してみると、大量の水がこぼれて床の上がびしょ濡れになった。予期していなかったので慌ててしまった。天井に吹き込んだ雨水が電気のコードを伝って電気の傘に溜まったのだった。出入りの大工さんに電話をすると木曜日でないと都合がつかないとのことで、台風も近づいていることだし、雨漏りの様子も見ることにして木曜日まで滞在することにした。漏電すると困るので、電源を落としておいてくれと大工さんは言うが、暗闇で生活も出来ないので、台所の分配器のみ電源を落として、延長コードを四苦八苦して何とか冷蔵庫と電話の電源を確保した。水漏れは、その後の二十二号台風での雨漏りは起きなかった。
ところが駐車場入り口の側溝が溢れて、日頃抜いた草や伐採した木など積んでいる駐車場の一角が水浸しになった。浸透式になっている側溝の升は大量に降っている雨水を溜めきれず溢れ出して水かさがどんどん増していく。そのうちに雨が小降りとなって、翌朝見るとあふれ出た雨水が溜まったままになっていた。木枯らし一号が三十日に吹いて、周囲の林の樹木がうなり声を上げた。枯葉や枯れ枝が地面に落ちて見苦しい。しかし、風が止むまでは手がつけられない。ホームセンターへ行き水中ポンプを買って来て、溝の大掃除となった。
笹藪からチッチッチと聞き慣れた鳴き声がして、あの野良仕事のお友達のルリビタキの雌が近くで止まった。雄の青い鳥は未だ見ていない。でも、そのうちに見られるだろう。台風が過ぎ去れば、農作業が出来る。さつまいもと落花生、じゃがいも、里芋と収穫し、味見となった。らっきょうの花が咲いていた。ニンニクも幅広の葉っぱを伸ばして元気が良い。今回は一週間の滞在となった。ゆっくりと落ち葉はきをしたり、とにかく一日中外で動き回った。大工さんが来てくれるという木曜まで電源を落として辛抱強く待った。
十一月二日(木)の朝、十一時半に来るという大工さんを待って、道路の掃除をしているとカタカタカタと音がした。辺りを見回しても誰も居るはずがない。ひょっとして唯一向かいのお宅に泥棒でも入ったのかとそっと近づいてみる。というのも、前のお宅は昨年母親が亡くなって、男性の一人住まいで、週末に都内から通ってくるので、普段は留守なのだ。冷暖房の室外機が盗まれたり、家屋に泥棒が侵入したりと災難である。音のする方へ近づいてみると、枯れ朽ちた桐の大木にキツツキが穴を空けていた。頭に赤い帽子を被ったようなキツツキは、削った穴の中に入ってきょろきょろ頭を動かして、辺りをうかがったりしている。珍しく眺めながら私の頭にカメラが過ぎった。「よし」と駆け出して家の中へ。またまたシャッターチャンスを逃しそう。カメラだけ持って引き返したけれど、遠くで一枚撮りながら、三脚を忘れたことに気がついた。そうなのだ、いつも画像がぶれている。手ぶれのせいなのだ。また戻って三脚をセットするが、もうすでにキツツキの姿はない。 
   
   

秋の候
暑さ寒さも彼岸までということば通り、どうやら夏は生煮えのまま過ぎ去っていくようだ。
古河の実家の畑は、秋野菜の季節を迎えている。キャベツ、レタス、サンチェ、サニーレタス、そしてイチゴの苗を植え終えた。大根の種の蒔いた。そろそろらっきょやにんにくが芽を出し始め、ジャガ芋もちらほら葉を伸ばしている。
柿の実が赤くなりはじめ、カラスが騒がしい。ふと、見つけたお茶の純白の花が一輪、林の中で見つけた木を移植して数年が経ち、やっと花が咲いた。
金木犀の香りに酔いしれながら畑仕事とは贅沢だ。ナスが夏の盛りを過ぎて、秋なすの実が沢山ついている。
自宅のベランダでは、今年三回目の月下美人の蕾が開花の準備を始めている。あれほど待ち望んだ花だったのに、咲いてみるとあっけない。年に三度も花が見られるとは。
   
このところ、私の実家古河でも、落葉が日増しに増えている。前回に綺麗に掃き清めた私道には、翌週到着すると、掃いた形跡などまるでなく、雨でも降ったらべったりと舗装道路に張り付いている。
掃いているとき、風がなくてもハラハラと意地悪しているように落ちてくる。風でも吹こうものなら、掃き貯めたものがばらまかれてしまう。だから私は、一度掃いたら諦めて放っておく。落葉が落ちて直ぐには、色とりどりの葉がきれいで、掃くのがはばかられる。そのまま放っておいても見苦しくない。まして、誰も来ない所である。こちらの自由にまかせ、時間と体力の加減で、落葉はきをする。掃き清めた後の充実感は癖になる。
空を仰ぎながら、夏の間にびっしりと葉をつけた木々のたくましさに感無量になる。
 
シジミチョウの思い出 
私の古河の実家での起床は五時頃である。今頃は大分日の出が遅くなったが、それでももう明るくなっている。朝食までの一時間あまりを外に出て畑仕事や家の周りの草取りをして過ごす。先日はユキヤナギの枝でシジミ蝶が数匹止まっていた。その中の一匹は、羽を広げたまじっとして動かない。まだ目覚めていないのだろうか。薄青いおぼろげな色をじっと眺めていると、遠い昔の出来事が思い出されてくる。
三十五年前というと、もう昔々のことになってしまうだろう。私は念願叶って小説「他人の城」で埼玉文学賞を受賞した。その五年前、手探りで書き続けていた小説をはじめて賞に応募して、小説「父の家」で埼玉文学賞の準賞を受賞した。この時は正賞に該当する作品がなかった。
それからの私は、正賞を目指して毎年この賞に応募したが受賞できなかった。
そして小説「他人の城」でやっと正賞を受賞することが出来たのは五年後のことであった。
「何事も二十年間続けてこられたら、それは本物だよ」
将来についてまるで雲をつかむようだった高校生の私に、しみじみと語ってくれた父の言葉は、その後の私を勇気づけ励まし続けてくれた。それは小学校の図工の教師だった父が、絵を描くことで苦闘し続けていた自分自身に向って言い聞かせ続けていた言葉だったのかも知れない。
私は、埼玉文学賞を受賞した一九八二年に日本随筆家協会から小説集「風の宿」を自費出版した。その小説集に収録されていた作品「空き地の英雄」を読んでくれた友人から手紙をもらった。中には一枚の写真が入っていた。
「作品の中の『野菊の花の一輪と見誤うような名も知らない紫色の小さな蝶々』とあるのはシジミ蝶かと思いましたので写真を同封しておきました」と手紙が添えられていた。
私はこの友人の手紙に小説を書く厳しさを胸に刻み、今でも文章を書くたびに自分に言い聞かせている。
とんだお邪魔虫
 いつものように土曜日の十一時頃に実家に着いた。昼食を終わって庭に出ると私は草むしりをしていた。すると夫が、「何か変なものがある」と言い出した。
宗弘記念館を作る以前に展示室として使っていた建物の換気扇のフードに古いダンホールのようなものがつまっている。
「もしかしたらスズメバチの巣かもしれない」
私も夫の居る場所に行ってみると、奇妙な形をしたものがフードから覗いている。それはまるで昔のフランス貴族の髪型のようである。よく見ていると、どこからともなくスズメバチがその変なものめがけて飛んでくる。穴が幾つか見えていて、その穴からスズメバチが出入りしているのだった。
さあ、大変だ。数年前にやはり二階の軒天に大きな巣を作ったことがあって、業者に駆除してもらった事があった。古河で古くから書き加えながら使っている自家製の電話帳を調べると載っていた。
電話をしてみると、留守番電話になっている。夫が、「台さんに訊いてみたら」と思いついた。台さんは父の代からの懇意にしている建築会社で古河の実家の建物は全てここで建ててもらったものである。電話をするとすぐに連絡を取ってくれて、駆除会社から直接電話が掛かってきた。
月曜日の午後一時に伺うとのことで、とにかく連絡は取れた。
本日、一時に業者が一人でやってきて、一度には取り切れないとのことで、一応殺虫剤をかけて、出来れば巣を壊してみるとのことだった。しかし、やはり一回では取り切れず、奥の方の大きいのが残ってしまい、数日後に二人でがかりで取り除いておくとのことだった。
テレビでこの時期スズメバチの駆除の様子を撮影している番組があるが、私と夫は、スズメバチ駆除のスプレーを持って遠くから見ていた。時々、勢いよくこちらめがけて飛んでくる蜂は、途中でぽたりと落ちる。まだ地面に落ちて直ぐは生きているのだけれど、虫の息である。それに私がスプレーしてとどめを刺す。
業者は後日もう一度来ると言い残して帰っていった。三万円と消費税がかかるという。とんだ失費である。
 
 
夏の候

夏の名残

夏のなごりの蝶が草むらに止まっていた。朝羽化したばかりのようで、羽を閉じたままじっとしている。時々、羽を開いては閉じるを繰り返す。カメラを取りに行って戻ってみるとまだじっとしていた。羽が乾くまで飛び立つことができないのだ。
時々、涼しい風が吹いてくる。セミたちも夏の終わりを感じ取っているのか、騒がしいほどに鳴いている。落ち葉の中に命を終えたセミたちが混じっている。夕方にはひぐらしも鳴き始めた。
もうすぐ道路の片端に彼岸花が咲く。

 
道路の清掃
ようやく夏日が戻ってきた。古河の実家の道路の草取りと落葉掃きをどうにか終えた。週末に行くといつも雨模様で道路にべったりと落葉が張り付いている。思うように掃除が出来なかった。昨日は朝五時に起きて道路に出た。午前中いっぱいかかって掃除を終えた。ついでに駐車場の入口を覆っていたニセアカシアの高く太い枝をのこぎりで切り落とした。大きな音を立てて枝が落ちる。まだ葉が沢山着いているのでクッションになる。枝の始末も大変だ。軽くして持ち運ぶ。もう何度も経験済みだが、いざ切る作業になると決意がいる。体調を整えて一気にやってしまわないと、後片付けが億劫になるからである。
 
夏の風情

古河市の実家である望月窯にも夏の風情が漂っている。中庭で飼っているめだかの池には睡蓮が花を咲かせはじめた。
ヤマユリも林の中にあった一本を移植したのだけれど、今年もまた林の中の同じ位置に一本出てきて満開だ。窓を開けていると、微かな香りが漂ってくる。移植したものも花が咲いた。
ヤマユリは清楚でか細い茎にたくましくいくつも花を咲かせる。茎が折れないかとはらはらする。自然の力は見事である。

 
   
 
駐車場入口の庭に咲いているカサブランカの群生。昨年の秋に球根を取り出して植え替えたので大きな花がたくさん咲いた。
 

 梅雨の候
現在望月窯の畑には、キュウリ、ナス、トマト、イチゴ、カボチャ、スイカ、ピーマン、落花生、里芋、枝豆などが植わっている。野菜の育て方もだいぶ分かってきた。
今年は葡萄の房が二房ついたが、一房は枯れ落ちてしまった。残りの房にも笑っちゃうくらいほんの少し実がついて成長している。それだってやっと実ったのだから大事な宝物だ。
スイカが大小七個成っている。実の茎の所の蔓が黒くなったら熟しているとのことだったので大きいのを一個獲った。けれど割ってみるとまだ黄色だった。種も白いので未熟なのだ。とっても損をしたような気分で、食べてみたら甘かった。ますます大損した気分。
昨年は何ものかに落花生を食べ尽くされてしまったので、今年はフレームの中に植えた。花がちらほら咲き始めているが、株が大きくならないのがちょっと心配。
ブラックベリーは実が鈴なり。収穫が待ち遠しい。
草取りと野菜を育てるのに忙しく、花はあまりぱっとしないが、それでも季節ごとに咲いている。くちなし、あじさい、マツバギクなど夏の花だ。
桔梗は梅雨時に雨に濡れて凜としている姿がいい。グラジオラスは毎年ほったらかしていたので、なかなかいい花がつかなかったけれど、去年の秋に植え替えたらちゃんと答えてくれた。カサブランカは毎年見事に花が咲く。ヤマユリはか細い茎に見事な花をつける。今年もどうやら蕾がついた。むくげの木は一本枯れてしまったけれど同じ花を見つけて植えた。昔からのピンクの花が咲いている。  
柿の実が今年もたくさんついた。どれぐらい残るだろうか。次郎柿と禅寿丸は花が咲かなかった。ずっと大事にしすぎて枝を切らなかったせいだ。どれもこれも父母や弟の思い出がつきまとう。切ない。
 
   
   
   
   
   
   
   
 
野菜作りの日々
先週の土曜(六月三日)から今週火曜日(六月六日)まで望月窯に滞在した。梅雨が近づくと、ジャガ芋の収穫時期が気になり出す。雨の日の収穫は腐りやすいという注意書きが頭にちらつくからだ。晴れの日が続いたときに収穫する。頭にこびりついている。そこで土曜日に収穫した。キタアカリは小振りだが、結構な量になった。 それから念願だったタマネギが、今年は小玉ながら実になった。毎年植えているが、霜柱が十センチ近く立つ厳寒では、どうしても根が持ち上げられて枯れてしまう。そこで去年はビニールをトンネルがけにしてみた。どうにか冬を越して春には緑の葉が育ち始めた。今年こそ、もう少し一人前の物に育てるぞ、と自分に活を入れた。
キャベツはもうほぼ一人前に育てることが出来る。しかし、まだまだ、無農薬と自分流の肥料で育てるのは容易ではない。何事も根気と勉強だ。一年に一度の試みしか出来ないのだから時間もかかる。まあ、のんびりと楽しむことにしよう。
 
 
先週の土曜日(五月十三日)は雨模様だった。いつものように朝八時前に実家(望月窯)に出発した。先週赤みを帯びたイチゴのことが気になっていた。案の定、何ものかに熟した大きな物は食い散らされた。今年は良い実が成っていたので楽しみにしていた。網も張ったし大丈夫と思っていたが、やはり甘かった。
翌朝、雨がやんだ畑に出て、イチゴに防虫ネットを張った。大方、実が成ったので、もう昆虫の助けはいらないだろう。
帰る日の朝、熟れ始めたイチゴの実を三つばかり取った。野菜の収穫を決心して、絹さや、キャベツ、サンチェ、サニーレタス、巻かない白菜、フキ、ミント、ローズマリーなど朝取りした。
スイセンが終わって、アヤメの季節になった。ボタンの花と思っていたら、接ぎ木のシャクヤクの花が咲いた。ボタンの方はまだかろうじて新芽が出ていたので、シャクヤクの花は切り花にして根元から切った。
少しずつ夏野菜のナス、キュウリ、トマト、ピーマン、カボチャ、スイカなどが育っている。落花生も本葉が数本で始めた。先日、里芋の種芋が売れていたので買ってきて植えた。そうそう、空豆も味見をした。
ブラックベリーの花が咲き、パッションフルーツの蕾もつきはじめた。夏は、草取りが大変だけれど、それにもまして収穫の楽しみがある。
 
五月一日 実家(望月窯)はいよいよ野良仕事のシーズン。先週末から二泊三日の滞在は、畑仕事と草取りに追われる。早朝から色々な小鳥の声がして、一日が始まる。
うぐいすの派手な鳴き声はついつい口笛でまねたくなる。驚くなかれ、ヘタな私の鳴き声にちゃんと答えてくれる。ケキョケキョケキョと何やら意味ありげに鳴いてみせる。谷渡りも披露してくれる。
時々カラスまでわめき立てる。生き物たちがみな活発に活動を始めた嬉しい季節である。
二十九日の夕方、突然暗くなり、雷が鳴り、夕立があった。雨が上がって、外へ出た夫が、「面白いから見てごらん」と大声で呼んでいる。出てみると、東の空が真っ赤に燃えて、虹が出ていた。不思議な現象に思わずカメラを取りに戻り、シャッターを切ろうとしたら、バッテリー切れである。急いでバッテリーを入れ替えて、「まだ消えていない」と声をかけながら外へ出た。今度は、カードがありませんと表示が出た。慌てるとろくな事はない。再び取りに戻り、「まだ、大丈夫?」と言いながらカメラを構えた。
まだ小雨がぱらついており、時折吹く風で木の枝のしずくが降りかかる。四苦八苦して撮った写真。後で考えてみて、構図が悪い。風景を入れなかったのが悔やまれた。虹と真っ赤に燃えた空だけが頭にあり、虹の周囲の風景に気づかなかった。
翌日の夕方、また夫が呼びに来た。フレームの中に植えてある葡萄の若葉に青蛙が止まっているという。またまたカメラを持って出てみると、緑の葉っぱの一番上にちょこんと止まっている。カメラを構えても、フラッシュをたいてもすまし顔。
翌朝、その場所に再び行ってみると、すでに蛙はどこやらへ出勤 した模様。
 
   

春の訪れ
三月三十日(木)から四月一日まで古河の実家(望月窯)に滞在した。そろそろ畑仕事をしようと思ったが、途中で訪れた「道の駅」の花屋さんにはまだ苗が出ていなかった。それに冬の寒さに逆戻りで、流石の私も畑仕事は諦めた。けれど、うぐいすの声に誘われて、絹さやとツタンカーメンのエンドウ豆の覆いを外してネットを張った。
遠くで雉の鳴く声がした。「ああ、今年も春が来た」とつぶやき、雉の鳴く声のする方を見やった。この望月窯周辺の林や畑に太陽光パネルが設置されるとか。先日、道路認定のピンクのテープがあちこちにつけられた。いよいよ現実なのかと、うんざりだ。
野良仕事のお友達の小鳥はあれから姿を見せない。幸福の青い鳥を楽しみにしていたのだが、林が無くなる話を聞き付けて、どこか別の土地に旅立ってしまったのだろうか。うぐいすや雉の声もそのうち聞けなくなるのだろうか。せめて望月窯の庭や畑は、自然を残しておきたいものだと思うけれど、畑の野菜が心配だ。いつだったか、シャクヤクの白い花を全部、首からちょん切ってしまうカラスの悪戯にあった。モグラの悪戯にもこまったものだ。知人が「かざぐるま」をたてておくと居なくなると教えてくれた。さっそく、百円ショップで「かざぐるま」を購入した。「用途以外には使用しないでください」と注意書きがあった。オモチャの「かざぐるま」ではないらしい。畑のあちこちに立てた。ちょっと恐山を思い浮かべてしまった。 なにやら得体の知れない動物の足跡があったり、糞がしてあったりで、ピンポン玉より少し小さい鈴をつるしたりもしている。案山子のフクさん、ツンちゃん、ヒサちゃんはみすぼらしく汚れて、貼りつけた目玉やつけまつげもどこかへ飛んで行ってしまっている。それでも名残惜しくて片付けられない。
ジャガ芋が芽を出して、いちごや空豆に花が来て、タマネギもキャベツもどうやら無事に冬を越した。
白梅、紅梅、蝋梅の花が終わり、いよいよスイセンの花が真っ盛り。ボケも大きな花を咲かせた。 今年は匂い椿の可憐なピンクが美しい。母が大切にしていたカタクリも株が一つ増えて、大きな花を咲かせている。弟が気に入っていたスモモの太陽にもたくさん花が咲いている。
   
   
   
 ★ ★ ★ ★ ★
 
 2016
 
 
夏野菜の季節
昨年の秋に蒔いたレンゲソウの種は、長い冬の寒さに耐えて、今花が咲きました。畑仕事をしていると盛んに蜂の羽音がします。みな、忙しそうに飛び回って蜜を集めています。そんな小さな生き物に囲まれた畑仕事はしあわせいっぱいになります。
畑にはトマト、ナス、きゅうり、キャベツの苗を植えました。虫除けのネットが張ってあるので見えにくいかもしれません。
ジャガイモも芽かきをして二本立ちにしました。カボチャ、スイカは何度失敗してもまた苗を植えました。
枝豆、インゲンも芽が出ました。写真には無い、生姜、落花生、にんじん、小松菜、うこんも植えました。
 
   
   
   
 
芽吹き時
  望月窯周辺も年々変わりゆく。林の一画が切り開かれ、太陽光パネルが林立するようになった。毎年そば畑だった隣接する畑は、去年の水害で水浸しになったこともあって、ある日、「太陽光パネルの設置に同意して欲しい」などと、業者が尋ねてきたりしている。「同意しません」と言ってはみたが、どうなることやらわからない。もしも、パネルの設置でもされたら、我が敷地内にそびえているカエデの大木が倒れでもしたら、大変なことになると、泣く泣く背丈を短く伐採した。毎年美しい紅葉が見られた立ち姿の良い樹木だった。

伐採前
 

伐採後

 
敷地の庭は花が咲き始めた。真っ先に咲き始めるのはクロッカスだ。それから紅白の梅、スモモ(太陽)、ボケ、水仙、カタクリの花は植え替えたら、二株になった。花は古い株に咲いた。春蘭も健在だ。
畑にはジャガイモ、空豆、キャベツ、タマネギ、絹さや、高菜、アシタバ、イチゴが植わっている。今年は、マルチで土を覆った。遅霜があるので、ビニールのトンネルも作った。少しずつだが、畑仕事も余裕が出来た。
   
   
   
   
 ★ ★ ★ ★ ★
 
 2015
 
正月

宗弘記念館

館内には坂本宗生作の油絵、焼き物、宗弘の研究資料(一部)、作品が展示されています。
宗生晩年は故郷島根県出雲市大社町の大土地神楽(出雲市無形文化財)を題材に油絵を描いた。
 
 

入り口前の庭

正面玄関
 
記帳台
 
玄関左側

 玄関右側
 
大土地神楽(おおどちかぐら)
 
玄関突き当たり
 
二階へ上がる階段

宗弘研究資料 
 
宗弘研究資料
 
宗弘研究資料
 
宗弘研究資料

★ ★ ★ ★

2015

初夏

望月窯周辺 

 週末に訪れる望月窯は、まずウグイスの鳴き声に迎えられます。それはそれは大歓迎というように鳴き続けてくれるのです。まるで待ちこがれていたようななきかたで、思わず笑ってしまいます。その声は一日中聞こえています。それから、キジの雄が隣接する麦畑にやってきて、けたたましい鳴き声と「ほろ打ち」の歓迎です。私のカメラはちっぽけで、望遠ができないので、その姿をはっきりとは写すことが出来ませんが、近くまでやってくると、慌ててカメラほとりに行くしまつです。一眼レフのカメラが欲しいと思うのですが、これまた夢中になってしまう恐れがあり、これ以上忙しくなったらどれもこれも中途半端になってしまうのであきらめています。それでもちっぽけなカメラで撮ったキジの写真をお見せします。
 




 
 
望月窯の畑もだいぶ野菜達が育っています。 
にわか農婦のひとり仕事です。笑って下さい。
   
 



 




散歩

 私は今、毎週末を実家の望月窯で過ごしています。母の納骨がまだできていないためもあるのですが、父母、弟が暮らしていた家でもあり、三人に会いに行くような感覚です。
 やっと時間的にも精神的にも余裕が出て、実家の周辺を散歩するのも楽しくなりました。田んぼが次々に田植えがされていきます。蛙も鳴き出しました。
 


朴の木の物語

 

  主宰の宗生が若い頃に、夫婦で狭山湖にドライブをして、林の中を散策していて朴の木の下に辿り着いた。ちょうど新緑の頃で、大きな朴の葉を通して差し込む薄緑色の柔らかな光に包まれて、得も言われぬ幸福感を味わった。
 その日以来、その感動が忘れられず、何度かそこへ訪れてみたが、どうしてかその場所に二度と辿り着くことが出来なかった。
 周囲を雑木林に囲まれた茨城のこの地に移住したとき、敷地内に是非「朴の木」を植えたいと願っていたが、かなえられぬまま歳月が流れた。
 その後インターネットで長野県平谷村オーナー農園情報というホームページに田舎料理教室『ほおば餅作り体験』という記事が掲載されていて、連絡先が平谷村役場となっていた。電話をかけ事情を話すと、「心当たりがあるので聞いてみます」と折り返し電話を下さるとのことだった。
 しばらくして「飯伊森林組合で扱っていますから、電話をするように話しておきました」と返事が来た。
 すぐに森林組合から電話があり苗木を注文することが出来た。
 今時、珍しく親身になって下さった平谷村役場の女性職員と飯伊森林組合の男性に、何度も何度も感謝の言葉を述べた。
 今、その朴の木は見上げるばかりに成長して、初夏には薄緑色の木陰を作ってくれている。
 
   
   
   

 


 
  
   
   

 
正月
つけ睫毛の福笑い
 大晦日の夜、私と妹はテレビの前に陣取り、お互いの化粧道具を持ち出して、例の「つけ睫毛」、「アイライナー」、「つけ睫毛用の接着剤」をテーブルの上に並べた。用意は調った。私は滅多にしたことのない 化粧ををして、長い睫毛の美女に変身するべくおもむろにパッケージを開けた。
「携帯電話ある? ちゃんと撮ってよね。掲示板に載せるんだから」
 私はまだ終わっていない化粧の途中で、頭の中はすっかり美女気分。つけ睫毛のパッケージを開けてびっくり、つけ睫毛にはすでに接着剤が塗ってあり、せっかく買った「つけ睫毛用接着剤」は不要になった。いやな予感。
 つけ睫毛を取り出して目元に貼り付けようとしたけれど、まず眼鏡のない目はぼやけてしまい、おまけに、片目をつむらねば自分の睫毛の生え際に貼り付けることが出来ません。
 どうにもうまい具合に貼り付けることは出来ず、どうにか近くに貼り付けてアイライナーで目の縁にラインを引こうとするのだけれど、速乾性なのですぐに乾いてしまい、ぼやぼやしていると筆先が固まって線が引けない。
 そのうちに笑いがこみ上げてきて、お互いにへんちくりんな目頭を見て、大笑い。
おかしさは爆発的で涙が出るほど笑ってしまい、手先が震えて、何も出来なくなってしまった。
「みんな、どうやって貼り付けているのかしらね」
 などとぼやきぼやき貼り付けようと集中すると、口の方が曲がって、お互いにその様子を見ては、また爆笑。
 その夜はあきらめて、「つけ睫毛どうする?」と私が妹に言うと、妹が、「畑のフクさんとヒサちゃんにつけたらいいんじゃない?」
 と答えが返ってきた。
 そして、翌日、寒い寒い畑で、二人でフクさんとヒサちゃんにつけ睫毛をつけたので
した。

★ ★ ★ ★ ★
2014年

 
その名はツンちゃん

 私の実家の畑のかかしは三人になりました。昨日一番下の妹も同行して、夫と三人で古河の実家に行きました。病院に母を見舞って、私はいつものように畑仕事です。落花生、さつまいも、さといもの収穫を終えて、過日に紹介した手作りの人形を持参しました。妹が「鼻がツンと尖っているからツンちゃんにしよう」と名前も決まり、さっそくフクさん、ヒサちゃんの仲間入りです。実家の畑もすっかりそれらしくなって、空豆、ツタンカーメンのエンドウ豆の苗を植えました。先日植えた、絹さや、大根の種が芽を出して、イチゴの苗も植えました。三人のかかしさん、どうかしっかり見張りをして下さいね。

フクさんのお友達のヒサちゃん
 
 古河の実家の畑に置いているかかしのフクさん独りぽっちにしておくのは忍びなくて、お友達を作ろうと思い立った。どうせ作るならちゃんとしたものを作ろうとインターネットで人形の作り方を取得した。型紙も作り方も出ているのだけれど、それを理解するのがなかなか難しい。試行錯誤でやっているさなか、パソコンの保守をお願いしている方から「WindowsXPは不具合がおきているようなので、やはり今のうちにWindows7に交換した方が良いようです」とのメールが入った。さっそくお願いすることにして予定を立てた。一日で完了するとのことなので気楽に構えていたら、いざ交換してみると次々に問題が起こり、とうとうホームページのリニューアルで躓いてしまった。
 その間に、母の見舞いや発行日のせまる流星群だよりの編集、流星群の原稿入力、など慌てふためいてしまった。少し時間ができたので人形作りにと思っていたのが油断大敵だった。しかし、やりかけた人形作りも未練があり、早く仕上げてみたいという欲望には勝てなかった。合間合間に針を持ち、どうにか仕上げて、母の見舞いに持って行った。「何か特別なものなのですか」と看護師や介護の女性たちに聞かれ、「私が作った人形です」と答えると、「病院にたまに母の大切にしていたぬいぐるみですと言われて持ってくる方がいらっしゃいますよ」とのことだった。
 その後、この人形に母の名前の一字をとって、「ヒサ」ちゃんと名付けて、かかしのフクさんの隣に座らせておいた。かかしにするのはもったいないと言われて、ちょっと躊躇したのだけれど、「当初の目的どおりにしたらいい」という夫の言葉で決心がついた。かかしの隣に座らせたヒサちゃんの写真をちょうど母の見舞いに来た下の妹に写メールで撮ってもらった。よく撮れているので掲示板に投稿することにした。
 昨夜、どうにかホームページも完了して、パソコンも順調に動いている。さあ、これからまた編集作業に忙しくなる。私の原稿もまだなのだ。これもまた生きているということなのだと自分に言い聞かせ励ましている。
 
私の畑のお友達、フクさん
 今、スイセンが花盛りです。その中にある畑を耕してやっとじゃがいも、大根、ねぎ、小松菜、キュウリ、ナス、かぼちゃ、スイカ、パプリカ、トウモロコシ、等を植えました。とにかくドクダミがはびこっていて、耕しながら根を取り除き、やっと畑らしき格好になりました。
 昨年、生い茂っていた梅、椋、ケヤキ、朴、桃、柿、李、紅葉、金木犀、ひいらぎ、椿、榊、むくげ、ユキヤナギ、ロウバイ、やまぶき、ネムノキなどの枝をおろしたので、太い枝も結構あり、枯れ木を横たえて置いてあります。せっかく蒔いた種や苗など野鳥の餌になってしまうので、畑の番太郎さんを置きました。フクさんです。私が留守の時、畑を見守って貰うためです。皆さんにご紹介します。
 今年は、いつも見事に咲く源平桃は、花がちらほらでした。記念館を建てるために掲示板のぼけの花は無くなってしまったと思っていたのに、ある年ひょっこり芽を出して、今年は花が一輪咲きました。
 やっと元の姿に蘇った実家の風景を少し紹介します。
 

★ ★ ★ ★ ★

2009年

絵画展示風景
 
 
 
 

★ ★ ★ ★ ★


2008年
 

 
   


今年も夏野菜を作りました。
   
   
 
2.3雪の日

 
 
 
 
 
  
 
正月

館内展示風景
 
 
 
 
   
   

★ ★ ★ ★ ★

2007年

 
賀正

 
 

 
蓮華草が咲きました。遊びに来ませんか。


 
むくげの花が満開です。




 

残暑の候


記念館のオープニングの時にいただいた 鉢植えのブーゲンビリアの花が咲きました。
 


記念館の前の畑でスイカがたくさんできました。 柿の実もたくさんなりました。



 
夏の思い出

昨年記念館を訪れて、カブトムシの幼虫を持ち帰った武内和子さんよりカブト虫日記が届きました。


★ ★ ★ ★ ★


2006年

望月窯オープニング風景(2006.4.9)

 

 



 
 



 
      
       



 坂本宗弘のフォトエッセイ集
(作品は宗弘記念館にて販売しています)

発行者 坂本宗生
発行所 望月窯
〒305−0128
茨城県古河市上片田1013-18


印刷・製本 現代文藝社

〒351−0115
埼玉県和光市新倉2−2−10
TELFAX048-462-0058
http://www.genbun.org/

写真撮影 坂本光司


表紙に戻る back to page 1